【リンク素材には】閃刀機-ホーネットビットのススメ【これを使え!】

8月 9, 2019

実は超汎用カード?!

同時期に登場してから環境のトップをひた走るカテゴリ「閃刀姫」

その中でも汎用性が高すぎて制限になってしまった《閃刀機ホーネットビット》は空牙団でも活躍してくれます!

その活用法を紹介していきます。

実はめっちゃ強いこのカード

1枚で素材2体分に!

初手に握れると、2体分の素材を場に用意できる!

1. 《閃刀機ホーネットビット》 で閃刀姫トークンを生成

2.トークン1体で《閃刀姫-カガリ》をL召喚、効果で 《閃刀機ホーネットビット》 を回収

閃刀姫-カガリ

3.ホーネットビットをもう1度発動し、機械族と戦士族のモンスター2体

これを召喚権無しで用意できます。

もう1体種族が違うモンスターを用意すれば、フォルゴを出すことができますね!!

場合によっては、ビートを出したい時もあります。その場合は、閃刀姫トークンを《リンクリボー》や《リンク・スパイダー》にしてからならば、ビートも出すことができます。

また、普通に他のリンクモンスターの素材にすることも出来るので、トロイメア系やマスカレーナを経由して、ヴァレル系にも繋げられるので、リンクモンスターを使うデッキなら、どこでも活躍できます。

I:Pマスカレーナ
I:Pマスカレーナ

メリットとデメリットは?

メリットとしては2つあり、1.召喚権なしで2体を展開出来る、2.メイン1枚、EX1枚と枠を取らない

デメリットも2つあり、1.展開後に引くと腐る、2.他の展開札と合わせるのがコツがいる、ということです。

デメリットの2は、先に使っておいて途中でカガリになり回収することで手札コスト用に回収したり、速攻魔法なので、フォルゴやハリファイバーの効果にチェーンして発動するなどのプレイングである程度カバーできます。

空牙団以外でも使えます!

高めですが、《閃刀起動-エンゲージ》をこのカードのサーチ用に入れてもいいかと思います。

今回は空牙団での活用法を紹介しましたが、リンク素材を多めに用意したいデッキであれば、採用の価値アリなカードです。