《先行制圧》ジェネクス・ウンディーネ1枚からサベージ・アストラム・ランク4を同時に展開!?

12月 3, 2019

今回は初動 《ジェネクス・ウンディーネ》 1枚からの展開方法を紹介します。

色んな召喚に繋げられる基本展開

基本パーツ: 《ジェネクス・ウンディーネ》《ジェネクス・コントローラー》《水晶機巧-ローズニクス》 《リンク・スパイダー》

1.《ジェネクス・ウンディーネ》を通常召喚、効果でコストに《水晶機巧-ローズニクス》をデッキから墓地に送り、《ジェネクス・コントローラー》をサーチ

2.ローズニクス効果で除外して、トークン生成

3.トークン1体で《リンク・スパイダー》をL召喚、効果で手札のジェネクス・コントローラーを特殊召喚

ここまでが基本展開です

ここから更に展開する方法はありますが、先行制圧盤面の1つとして次の展開を紹介します。

耐性持ちアストラム+サベージドラゴン+ランク4の展開

先程の基本盤面から、

4.リンク・スパイダーとジェネクス・コントローラーで《水晶機巧- ハリファイバー》をL召喚、《幻獣機オライオン》をデッキからリクルート

5.オライオンとウンディーネで《星杯の神子イヴ》をS召喚、オライオン効果でトークンを生成し、イヴ効果で《星遺物を継ぐもの》をサーチ

6.レベル3トークンとイヴで《ヴァレルロード・S・ドラゴン》をS召喚し、リンクスパイダーを装備

7.イヴ効果で《星杯の妖精-リース》をデッキから特殊召喚、リース①の効果で《星遺物-星杯》をサーチ

8.星杯を継ぐものでジェネクス・コントローラーを蘇生し、ジェネコン1体で《星杯竜イムドゥーク》をL召喚

9.イムドゥークの①の効果で、イムドゥークをリリースして星杯をアドバンス召喚

10.リースと星杯で《I:Pマスカレーナ》をL召喚、星杯効果で《星杯誘われし者》をデッキから2体特殊召喚

11.マスカレーナとハリファイバーで効果破壊耐性持ちの《双穹の騎士アストラム》をL召喚

ここまでを召喚権とウンディーネだけで展開できます。

誘われしもの2体でランク4エクシーズを立てるのですが、守りは《不レシアの蠱惑魔》や《深淵に潜ひそむ者》、攻めるときには《SNo.39 希望皇ホープ・ザ・ライトニング》やナイアルラからのアザトートなどの効果発動を封じるのもいいですね。

個人的には、《御影志士》で《原始生命態ニビル》を握っておくがオススメです!

守護竜展開も出来そう!だけど……

もう少し必要パーツを抑えた展開(下記リンク)も存在しますが、考えていると色々使いたくなって、こうなってしまいました(笑)。7以降はもっとスマートな展開ありそうなんだけど…

守護竜展開も強力そうですが、禁止制限を考えて今はやめておきます。規制かからなかったら考えるかも?

とここまで、色々なカードを引っ張ってこれる展開の紹介でした!