実は《幽鬼うさぎ》が空牙団デッキな必須な理由とは?

12月 12, 2019

今回は誘発娘シリーズの中から《幽鬼うさぎ》について紹介します。

実は数ある手札誘発の中でも、最も相性がいいんですよね。その理由は以下で解説します。

その前にフォルゴの効果を確認!

言わずと知れた空牙団デッキのエースモンスター《空牙団の大義-フォルゴ》です。

リンク・効果モンスター
リンク3/闇属性/獣族/攻2400
【リンクマーカー:上/左下/右下】
種族が異なるモンスター3体
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
このカードはリンク素材にできない。
(1):このカードがリンク召喚に成功した場合に発動できる。
そのリンク素材としたモンスター3体とは異なる種族の
「空牙団」モンスター1体をデッキから守備表示で特殊召喚する。
(2):相手フィールドのカードが戦闘・効果で破壊された場合に発動できる。
自分はデッキから1枚ドローする。
その後、自分フィールドの「空牙団」モンスターが3種類以上の場合、
自分はデッキから2枚ドローする。

こちらは相手フィールドのカードが破壊された時にドローの効果が発動します。

しかし、空牙団カードには相手ターンに相手のカードを破壊する手段が豊富ではありません。

一応、ドンパ・リコンがいる状態で蘇生カードを使えば、破壊もできますが簡単ではないのです。

フォルゴとの相性抜群!?

では《幽鬼うさぎ》の効果を見てみましょう。

チューナー・効果モンスター
星3/光属性/サイキック族/攻   0/守1800
このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):フィールドのモンスターの効果が発動した時、
またはフィールドの既に表側表示で存在している魔法・罠カードの効果が発動した時、
自分の手札・フィールドのこのカードを墓地へ送って発動できる。
フィールドのそのカードを破壊する

このカード1枚で、相手ターンにカードを破壊が可能になります。

つまり、このカード1枚で「効果を発動したカードを破壊できる」という《幽鬼うさぎ》が相性抜群なのです!

他に簡単に相手のカードを破壊できるカードとしては、《サイクロン》なども相性が良いですね。こちらは必須とまではいきませんが、枠があれば採用したいカードですね。